検定を行う理由

検定を行う理由

検定を行うのには大きく分けて2つの理由があります。
1つは、「語学力を伸ばすため」です。
日本人は非常に勤勉であるとされていながら、学力の面では世界でも中位クラスであることが証明されています。
それを解消するために、政府はゆとり教育を廃止し、世界での学力向上を目指しています。
そして注目を浴びているのが検定試験です。
検定を行うことによって、自分の学力を客観的に評価してもらうことができ、「合格ならば次へ」「不合格なのであれば合格できるように努力する」という姿勢を得ることができます。
2つ目の理由は、自分自身の成長のためです。
試験を受けることによって、少なからずの経験を得ることができます。
たとえば、英語の資格を取得する際に一定の級以上は、面接があります。
面接では、「英語を積極的に話す力」や「外国人と対等にしゃべることができるのか」を評価します。
たとえば、道を聞かれた時に口ごもるのではなく、英語で正しく案内できるかです。
まっすぐ進むことを、英語で喋れずにジェスチャーだけだと伝わりにくい部分があります。
しかし、英語とジェスチャーだと非常に分かりやすいのです。
もちろん、資格を取得していなくても教えることはできますが、資格を取得していれば、簡単に分かりやすく道案内を行うことができるのです。

    Copyright(C) 検定試験を受けて合格する事は価値があり自分にとってプラス All Rights Reserved.