試験を受けるときの心得

試験を受けるときの心得

試験を受ける心得ですが、これは必ず守ったほうがいいことです。
当たり前ですが、カンニングは絶対にやってはいけません。
なぜなら、カンニングをしたということがテストを監督する人にばれなくても、後々後悔することになります。
「あの時見なければ良かった」と感じるためです。
なぜそう感じるのかというと、自分の書いた答えが正答だったのに、カンニングをしたことによって安心感を得てしまい、間違った答えに直してしまうためです。
それさえなければもっと点数が高く、試験に合格していたかもしれないのです。
なので、カンニングはばれなくてもやってはいけないのです。
次に遅刻です。
「5分くらいならいいや」という軽い気持ちで遅刻すると、検定などは受けることができない場合があります。
遅刻というのはそれほどやってはいけないもので、重大なことなのです。
なぜなら、「遅刻をするということは試験や検定を受ける気がない」という風にみなされてしまうからです。
なので、余裕を持って出発したほうが良いです。
もちろん、電車などの公共交通機関の乱れによる遅刻は例外です。
そういった場合は、別室受験などで対応してくれます。
ただ、その際には予めテストを受ける会場や団体に連絡を入れておくと良いです。
また電車の場合は、遅延証明書があると良いです。

    関連サイトのリンク集

  • マンツーマンから3名までのグループレッスンなど池袋で中国語で学びたい方にオススメなのがこちらの語学学習塾です。自分に合うペースを選び無理せずに楽しく中国語を勉強でき、通常のコース以外も発音矯正や漢詩などの文学コース、中華料理のレシピやパソコンコースなど多彩なコースが有ります。

Copyright(C) 検定試験を受けて合格する事は価値があり自分にとってプラス All Rights Reserved.