大学入試で役立つ

大学入試で役立つ

実は、日本では高校生までに検定を取得していると大学入試で役に立つのです。
たとえば、英語の技能検定ですが、3級以上を取得していれば推薦入試に役に立ちます。
ただ、多くの大学は準二級の取得を推奨しているため、多くの高校生は、入試までに準二級の英語力を取得するために日々勉強をしています。
また、センター試験では、準二級の英語力を持っていると高得点を取ることが期待できます。
なぜなら、準二級では高校卒業レベルの問題が出題されているため、それ以下のレベルであるセンター試験は簡単だからです。
ただ、準二級の取得はとても難しく、面接試験で落とされてしまいます。
テーマは「日常会話に苦労しない程度」なので、早いスピードで色々聞かれてきます。
それに正しく答えることができないと取得できないのです。
次に、漢字の試験ですが、大学の入試では、マークシート式や書きとり式となっており、国語の試験では「棒線部分の平仮名を漢字にしなさい」という問題が出題されます。
しかし、漢字を理解する力がないと中々難しいのです。
ただ、その部分で合否を分けるといっても過言ではないため、多くの受験生が慎重に問題に取り組んでいます。
このように、大学入試では資格を持っているか持っていないかで、得点に差が表れ合否を分けてしまうのです。

    Copyright(C) 検定試験を受けて合格する事は価値があり自分にとってプラス All Rights Reserved.